洗濯物を干す時間がゼロに!?【シャープ ドラム式 洗濯乾燥機 ES-S7F】

こんにちは!


洗濯物って外干しだと取り込み時間プライバシーが気になりますね。

時期によってはウィルスや虫、花粉の付着もあり得ます。




かといって、室内干しだと乾くスピードは遅いし場所も取る…


そもそも、洗濯物に合わせてハンガーやピンチなどを選び

襟ぐりなどが伸びないように掛けて干す。


よく考えればこの動作自体を省きたいですよね。


僕はそんな面倒臭さから解放されるべく

シャープ ドラム式 洗濯乾燥機 ES-S7Fを導入しています!


乾燥機付きなので洗濯物を干すことがほぼ無くなり

今日着た服を明日も着たい!というようなワガママも叶うので

洋服の必要数もかなり減りました!


というわけで今回はシャープ ドラム式 洗濯乾燥機 ES-S7Fをご紹介していきます




スペック

メーカー シャープ
型番 ES-S7F
サイズ 約幅60×奥行き64×高さ104cm
重量 約76kg
容量 洗濯・脱水:7kg
乾燥:3.5kg
消費電力 洗濯:190W
乾燥:850W
目安時間 洗濯:約44分
洗濯~乾燥:約170分
運転音 洗い:4dB
脱水:39dB
乾燥:36dB
洗濯~乾燥は3時間近くかかるため一見、長く感じますが

自然乾燥だと半日以上かかるので次に着れる状態になるまではかなり早いです。


なお、一回のお洗濯にかかるコストはこのようになっています。

公式サイトより引用

1回あたり約50円で洗濯物を干す手間やスペースから解放されると言えますね。


続いて商品の特徴をみていきましょう!



特徴

コンパクト設計

ES-S7F真下排水にも対応しており、幅も狭めにつくられています。

ちなみに詳しくは後述しますが我が家の洗濯機のスペースには

もう少し大きい洗濯機の設置も可能でした。



しかし、階段やドアの幅がスレスレだったため

実質、設置可能な乾燥機付きドラム式洗濯機はこの製品だけでした。


レビューや電気屋さんの話をきいても

一人暮らしの方やアパート・階段のあるお住まいの場合は

ES-S7Fなら設置できる!ということが多いようです。



プラズマクラスター搭載

シャープの製品なのでプラズマクラスターが搭載されています。



衣類を乾燥しながら、プラズマクラスターで除菌できるため清潔な仕上がりです。


目に見えるものではないので実感は湧きにくいですが

生乾きの嫌な匂いを感じたことがないので

除菌効果のおかげかな?と思っています。



ヒーターセンサー乾燥

ヒーターによる温風で衣類を乾燥します。


衣類の乾き具合をセンサーが感知して効率よく乾燥運転してくれます。


実際に同じ容量でも分厚いトレーナーを入れた時薄い物だけを洗濯した時

仕上がり時間が異なるため自動で乾燥時間を調整してくれているようです。



続いて、約1年使っているので体験談も交えてレビューをお伝えしていきます!



実際につかってみて

設置について

僕の場合はAmazon大型家電・家具 設置サービスを利用して購入しました。





折り返しもある内階段上げで2階の洗面所への設置でしたが

無料できれいに設置してくれましたよ!


ただ、幅がギリギリだったため「擦り傷等がついても責任は負えない」と言われてからの設置でした。


みなさんはくれぐれも余裕を持った寸法でご検討くださいね。


その他購入店ごとに追加料金の設定等があり得るので

購入ページやお問い合わせでしっかり確認しましょう!



機能面

僕が使っているのは主に以下の3コースです。
・洗濯〜乾燥(おうち流)
・おしゃれ着洗い
・洗濯〜脱水(標準)

使用頻度としては書いた順に多く

お風呂で服を脱ぐタイミングで

ほぼ毎晩、洗濯〜乾燥を回して朝には出来上がっているという流れです。




下着類やタオルなど本来であれば乾燥機を推奨していない衣類

使用年数や消耗を考えて自己判断・自己責任で乾燥機にかけちゃってます。


今のところ洗濯機にも衣類にも不都合は出ていませんが、推奨はできません。

あくまで自己責任でお願いしますね。



洗濯表示通り洗うなら下着やデリケートな衣類は通常の洗濯〜脱水

その後、乾燥機OKな衣類だけを夜〜朝で洗濯〜乾燥を行うという流れになりそうですね。


僕も「これは流石に傷むと嫌だなぁ」という服は洗濯〜脱水orおしゃれ着コースで洗っています。



いずれも仕上がりに問題はなく快適に洗濯できています!


仕上がり時の音が消せる!
他の洗濯機にもある機能かもしれませんが

ES-S7F洗濯終了のブザーを消音できます。

夜〜朝で使用する僕としてはブザーで起こされる心配がないので

これは細かいけど非常に助かる機能です。




お手入れについて

各部の清掃タイミングは以下の通りです。
・洗剤ケース:使用毎
・ドア・ドアパッキン:使用毎
・乾燥フィルター:乾燥機使用毎
・洗濯機下部にある糸くずフィルター:1〜2週間ごと


僕は以下を毎回清掃しています。
・ドアパッキン
・糸くずフィルター
・洗濯ケース
・乾燥フィルター

とは言っても清掃はめちゃくちゃ簡単です。


まず、フィルター類とケースは水洗いして乾かすだけです。


ちなみに乾燥機フィルターについてですが説明書では

水で濡らした布で拭うまたは汚れがひどい場合は水洗いと書かれています。




しかし、この方法だと水で濡らした布で拭う→その布を洗うという手間がかかるので

お客様窓口に「フィルターを毎回水洗いするのは悪影響がでるのか」を問い合わせてみました。


その結果「外側からシャワー水流で流すなら問題ない」とのことでしたので

毎回水を外側からかけて洗浄しています。

これなら布を洗う手間なしです!
こすりながらの水洗いはフィルター寿命を縮めるので優しく流しましょう


また、ドアパッキンも水を含ませたやわらかい布で汚れを拭き取ると書かれていますが

こちらは槽洗浄の洗いなしコース(約10分)で代用可能とのことです。



なお、このコースでかかるコストは水道代・電気代合わせて10円前後との回答もいただいています。


どちらが楽かは生活パターンや人によるのでご自身に合う方法でお手入れしましょう!


風呂水は使えない!
そのため風呂水を活用して節水したい方には不向きです。


しかし、ドラム式はもともと縦型の洗濯機よりも水を使わない仕様です。


そのため現在風呂水を使ってドラム式洗濯機を使用しているという方以外は

お使いの洗濯機より節水になる場合が多いです。


詳しくは冒頭の1回のお洗濯にかかるコストをご参照ください!



ここまで良い面ばかりをお伝えする結果となりましたが気になった点もございます。



気になった部分

脱水時の振動

家や設置条件にもよるとは思いますが脱水時の振動が僕の環境では結構伝わります。


洗濯機の上に置いたものが落ちたり、近くの壁際のものが倒れることもありました。



そのため、洗濯機に磁石でつけるタイプの収納用品や

洗濯機周りの収納は様子を見てからがおすすめです!



洗剤量目安が分かりにくい

ES-S7F洗剤量目安表示が○杯と表示されます。



これは洗剤によって表示杯数に当てはまらないので洗濯量〜kgまたは洗濯量〜Lと表示するか

表示方法を選べるとより良いと思いました。



乾燥機OKな衣類が意外と少ない

これはES-S7Fの気になった点とは少し異なりますが

乾燥機OKな衣類って意外と少ないです。


そのため気にしすぎると買う洋服に少し困りますね。


僕はある程度、自己責任で洗濯マークを無視して乾燥機を使っています。


ちなみに乾燥機に関する洗濯マークはこちらです。
参考:Wikipedia

お手持ちの衣類を確認しておくと乾燥機導入後に役立ちますね!



まとめ・結果

ES-S7Fの導入で洗濯物を干すという工程が減りすごくになりました。



また、購入前は乾燥機付き洗濯機は手入れが面倒だと聞いたことがありましたが

実際に使ってみると手入れも楽ですね。


これは向き不向きや何が楽かは人によるのかもしれません。



向いている人

・小さめの乾燥機付き洗濯機を探している方
・乾燥機で洗濯物を仕上げたい方
・外干しや室内干しに不満がある方
・乾燥フィルター等のお手入れが継続できる方

向かない人

・乾燥機を全く使わない方
→この場合は縦型洗濯機や乾燥機なし洗濯機の方が安価ですし
洗濯に特化した機能が優れたものを選ぶと良さそうですね!

・洗濯量が毎回3.5キロ以上になる方
→乾燥までかける場合、容量の上限が3.5キロなので
まずは洗濯〜脱水を行い、乾燥を2回にわけて行うなどの手順なら使えます。

・各部のお手入れが継続しない方

・風呂水を使って節水したい方

冒頭でも書きましたが家事の手間が省けるだけでなく

今日着た物を明日も着れるので衣類の必要数が格段に減りました!

洗濯乾燥機の導入は断捨離の助けにもなりますよ♪